FC2ブログ

記事一覧

後遺障害等級認定

交通事故の後遺症障害等級認定は損害保険料率算出機構が行いますが、中立性に関しては十分でないと思います。労災のように国が認定する制度を作るべきだと思います。...

続きを読む

中間利息控除

交通事故において逸失利益の算出については中間利息が控除されますが、医療器具、介護用具等で買い替えが必要なものについて中間利息が控除されるかについては、判例は分かれているようです。決定版の判例はありませんが、控除する判例のほうがやや優勢でしょうか。...

続きを読む

後遺障害とMRI

最近MRIで画像上の異常が認められながら、交通事故後遺障害が認定されない例に連続して遭遇してしまい当惑しています。画像上の異常がある場合は、最低でも14級が認定されるものですが。異議申し立ても通らないと、裁判で勝つしかなくなります。...

続きを読む

自賠責基準

交通事故和解金額の提示で某保険会社は、殆ど全件自賠責基準で提示してきます。自賠責基準でいけば、任意保険会社の自己負担額はゼロになります。任意保険会社は、日頃保険料だけ徴収していて、保険金支払はなしになるわけであまりな提示だと思います。ただ、支払い基準について知識がない人の場合はこれでも和解してしまう人がいるのでしょう。...

続きを読む

慰謝料別表

入通院慰謝料の算定では、他覚症状があるものは別表1を、他覚症状がないものは別表2を使用するのが原則ですが、他覚症状がある場合でも別表2を使用する裁判官、あるいは、両者の中間金額を認定する裁判官もいます。交通事故損害賠償額算定基準(赤い本)の基準は絶対的なものでは、ありませんが、計算根拠は示してもらわなければ被害者は納得しないと思います。...

続きを読む

交通事故訴訟と和解勧告

交通事故の損害賠償請求訴訟においては、提訴→争点についての攻撃防御→和解勧告→人証→判決という流れが定着しています。そして、裁判所提示の和解案が判決と殆ど一致しているため、結局和解で落ち着きます。被害者側弁護士としては、和解勧告では、判決と異なる柔軟な要素を十分に加えた上で解決を試みてもらいたいと思います。...

続きを読む

和解と遅延損害金

交通事故における裁判所提示和解の諾否において、保険会社は遅延損害金のことを余り考えていないように思われます。判決までいった場合、確実に遅延損害金が加算されるのですが、組織としては、筋目論のほうが大切なのでしょう。...

続きを読む

プロフィール

kotsujikolawfirm

Author:kotsujikolawfirm
FC2ブログへようこそ!

最新コメント